ピンケのモイ!

ほぼ下ネタ

ハンターの話

あーホモでドMな大富豪いねぇかなー。

キンタマ蹴らせてもらえねぇかなー。

1蹴り1万円くらいでいいからさー。

108マシンガンか百烈脚練習してキンタマ蹴りてぇなー頼むよドM大富豪おじさーん。


世の中には居るんだろうなーおっさんのキンタマ蹴ってお金貰える人生を歩んでる勝ち組が。

親がおっさんのキンタマ蹴ってお金稼ぐ人生のレール引いてくれてればなー。

 

キンタマ蹴られて悶絶するけど、快感感じるタイプの変態って、刃牙に出てくる愚地独歩(おろちどっぽでちゃんと変換されるぞiPhoneすごい)みたいにキンタマ体内に隠すやつやってるのかな、それ気になるわー。

 

で、お金稼ぐためにハンターになろうと思ってて。

 

HUNTER×HUNTERを筆頭に、ハンターを扱った漫画やアニメっていっぱいあると思うけど、捉え方によってはルパン三世からスペースコブラ、はたまた映画スターウォーズのハンソロもハンターだと思うんですよ。

 

だからそんな多種多様なハンターになら、なれそう僕も。はい!トレジャートレジャー!

 


まあそんなこんなで、中学時代の同級生が結婚式を挙げることになりまして、余興をやってくれと言われていまして、何も取り柄のない僕たちはだいぶ焦っているわけですが。

 

友人代表の挨拶なら喜んで引き受けたのになーと思ったよ。


「この度はご結婚おめでとうございます。〇〇くんとは中学生からの付き合いでして、当時から漫画や映画好きな彼とは話が合いまして3年間毎日の様に一緒にいた事を思い出します。彼とのエピソードを紹介したいのですが、エピソード9くらいありまして、ってスターウォーズか!まあそんなことをね、言うておりますが、少しだけお話しさせていただきたいと思います。彼のお母様が大病で入院して寝たきりの時に、まあC-3PO状態の時にですね(爆笑)、看護師の奥様に出会われたと聞いております。大変ラブラブなふたりで、休みが合えば朝からチューバッカしてると惚気ておりまして。ハハハ。初めて〇〇くんと奥様と食事へ行った際にですね私はびっくりしまして、なぜならお顔がマズ・カナタそっくりで、スタイルもほぼジャバ・ザ・ハットでして。さすがジェダイの騎士は可愛い嫁もらうねー、と皮肉ったことを思い出します。ハァン!ソロそろ定番ですが結婚生活に大切な3つの袋を紹介したいと思います。まずひとつめは給料袋、〇〇くんがっぽり稼いでね。次に胃袋、奥様料理頑張ってね。最後にキンタマ袋です。〇〇くんのライトセーバーがギンギン!ハハハ。ということで私のダークサイドが垣間見えてしまいました、名前だけでも覚えて帰ってください。タマキンスカイウォーカーでした!」

 

p.s.ぼくのキンタマ緑色に塗ったらマスターヨーダみたいになるよ。

 

なんかキンタマハンターみたいじゃん僕。
自重するわ。

 

ハムスター飼うならキン〇マがいいなー。