ピンケのモイ!

ほぼ下ネタ

やっと書く気になったんだけど全然ノらない感じの話

どーもこんにちは!

どーもこんにちはーこと、どーもこんにちはーです。


先日NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」を観ました。すごく勉強になって良い番組ですよね。

なので勉強熱心な女子大生の方、誰か僕の5歳児サイズのチンコちゃん叱ってくれませんか?

できればフロントホックブラを着用した女子大生がいいんです。

なぜなら乳房がフロントホックブラから露わになった時に、本当の「あけましておめでとう」が言える気がするんです。

そうしたら僕の5歳児チンコちゃんで膣、叱りつけてやるぞ。バックから白いお餅尻ペッタンペッタンして108回突いてやるぞ。


そんなこんなでまだ正月気分が抜けきっていませんが今年もよろしくお願いします。





すみません。

2019年1発目なんで緊張して新年の挨拶全部間違えました。また助平なこと書いちゃった。




ベタに今年の抱負とか、発表しておきましょうか。

誰が興味あるの?って感じだけど別にいいか。このブログって、ブログとはいえないようなブログ力のブログだよね。ブログって様々な形があるとはいえ、こんなにブログ力の低いブログも珍しい。最近しかもブログイップスみたいになってて思うように書けません。心の中のティンカーベルに相談したら「ボーッと生きてんじゃねぇよ!ブログなんて辞めちまえ」って言われたので永遠のピーターパンこと僕が目指していた約束のネバーランドが更に遠くなったような気がします。



今年の抱負「最後まで諦めない」


あの名作バスケ漫画slam dunk、略して「ムスダン」の太った監督は「諦めたらそこで試合終了ですよ」なんて言っていたけれど、北の将軍である太ったあの受話器ヘアーの総監督は早くムスダン諦めたらいいのに。諦めれば試合どころか戦争終了なのに。


っていうのをまあ一応、アメリカとは今関係が良好みたいなんで、僕はそれを心の内に秘めておくけどいつか戦争が起きてしまったら「諦めることの大切さ」をただただ1人で心に刻むだろうよ。


何が言いたいかっていうと、「諦めたら試合終了」なんて言葉、もてはやされるほど名言か?っていう話。

バックボーンにはミッチーこと及川光博こと三井寿のドラマがあるんだけど。いい言葉には間違いないんだけどね。


って思うとslam dunkって名作の割には名言が少ないんじゃないかと思ったんだけど、僕は今ここで、そういえば「今年の抱負」の話をしていたんだと思い出しました。


話を戻します、戻すも何も始まっていませんでした。脱線とかのレベルじゃなかったごめん。


そう、「最後まで諦めない」っていうのを今年の抱負に決めたのには特に理由は無くて。


なんとなくだけど2019年、平成も終わるし、なんとなくだけど僕も死ぬ気がしているんです。



なので最後まで諦めない。


最後がいつなのか正確にはわからないので、いつ死んでもいいように毎日を頑張りたいと思いました。そういうことです。もし本当に死んだら「平成を駆け抜けた男」のキャッチコピーで語り継いでください。



突然ですが謎かけで終わりたいと思います。


「おみくじ」とかけまして「僕」と解きます

その心は

どちらも「吉がいい(キチガイ)でしょう。」


1月ってこういう面白くもないありきたりなネタがまかり通るからハッピーよね。


ではまた、2020年にお会いしましょう。