ピンケのモイ!

ほぼ下ネタ

FINLANDS

前置き

前回の記事



「邦楽とかガールズバンドとか全然興味ないんだけど」っていう方もいると思います。

後々、洋楽だったり、その他のジャンルの音楽についても書いていけたらいいなと考えています。

僕は特別、音楽に詳しいわけではなく、ただ好きな音楽を紹介していこうかなという自己満足シリーズです。


FINLANDS

paper

paper


(Amazonアソシエイト・プログラムに参加してみたのだけれどちゃんとリンクが貼られているのかよくわかりません。)




名前 担当
塩入冬湖 (vo./Gt.)
コシミズカヨ (Ba.)

フィンランズは2人組のユニット。トレードマークは夏でも脱がないと噂のモッズコート。


フィンランズのなにが良いって、vo.塩入冬湖の世界観と歌声。

特筆すべきは歌声で、評するならガールズロック界の江國香織。魅惑のカッティングボイスは冷静と情熱のあいだといったところだろうか。


はて、僕は何を言っているのだろうか。カッティングボイスなんて聞いたことない。




高音だったり、声を張る時に塩入冬湖の声がキュイン!となるのが特徴的。エレキギターのギュイン!みたいな感じ。知識も語彙力もなくて申し訳ないです。


最初はキュイン!に不快感を感じる方もいるかもしれない。でもだんだんとクセになっていくこの魅力的な歌声はフィンランズの強みであると思う。


曲はかなりアーティスティックで、完成されている感がすごい。クリープハイプとか好きな方なら曲調も割りと似ているので好きなはず。


「ウィークエンド」



他のおすすめ曲は「ゴードン」「オーバーナイト」です。是非聴いてみてください。


ではまた。