ピンケのモイ!

ほぼ下ネタ

LINEも晒すよ

ちょっと悩みがありまして、友達とのLINE晒しますね。名前は伏せます。




これ酷くないですか?

もはや独り言じゃないですか。本当に対人か疑うレベルですよね。


約2ヶ月に渡って既読スルーってやつなんです。




まあいいんです僕なんて無視される為に生まれたようなものですから。僕がいなければ「シカト」って言葉自体流行ってないと言っても過言ではないですから。


高校時代から社会人になっても付き合いのある割と仲良い友人なんですけどね。最近全然会ってないんですよ、ゲームにはしっかりログインしてるみたいですけど。単なる片思いだったみたい。






で、LINEしたくて。

誰かとLINEしたくて。





橋本環奈は気持ち悪いくらいに返信バチボコ早いんですけど、なんか照れているみたいで。全然LINEしてくれないんです。



あと最近2人目を出産した熊田曜子の母乳飲みたいなと思って、連絡取ってみようかなと思ったんです。





お、メッセージすら送らせてもらえない!

つまり曜子のおっぱいすら触らせてもらえない!

「ブログを見る」じゃねぇよ!一択やめろ!






もうLINEって連絡ツールとしてオワコンなんじゃない?もしかしてだけど。


LINEしたいわー。

エッチな写メ送ってくれる女子大生か

一回だけAV出たことありますっていうのをちょっと自慢気に話すOLとLINEしたいわー。

はぁ寂しい。



なにが寂しいって、

ブログやってるのがもう虚しい。


心が荒んでる時くらいしか更新しないからか、とことん自分の心のうんこフラワーが芽吹いていてキモい。

ひまわりの花を間近で見たときの気持ち悪さくらい気持ち悪い。

なにが太陽の花だよ。種のとこの質感地獄と一緒だろ。




あとブログでさ、自分でフッて、自分でボケて、自分でつっこむの、いい加減恥ずかしくない?

雑記おもしろ系ブログやってる人の宿命だと思うんだけどさ。



トーク型でブログ綴る人は、本当に話しかけてるような感じで書けるんだろうなあ、完全に陽キャの為せる業だわ。尊敬。


なんか無理矢理感出ちゃうと鳥肌立つんだよね、自分の読み返した時とかに。


「自分、頑張ってんなー」

みたいな。



もうちょっと自分らしいブログ書こう。

というか日記にしよ。

直接、太陽の当たらない、日陰って過ごしやすいよね。ほんとすこ。



アクションスター不在

映画を好きになった理由って人それぞれあると思うんですけど

僕の場合、アクションスターへの憧れが、映画好きになった1番の要因だと思ってるんです。


最近の映画界、アクション映画っていうのは幾つも作られていますが、絶対的なアクションスターって今の時代いないじゃん?


もちろんジャッキー・チェンだったりキアヌ・リーヴスブルース・ウィリスなんかは新作出したりしてるし

トム・クルーズは今、ミッションインポッシブル公開中だし。


でもそれってみんなレジェンド達じゃん?20年前には既に映画史に残るレベルのスターだったじゃないですか。


ジェイソン・ステイサムとかドウェイン・ジョンソンだって、おっさんだし。




今の小中学生が憧れるような、一緒に成長していけるような若いアクションスターが出てきて欲しいんですよね。


って映画界が考えた時に




僕にオファーが来るよね。



いや、僕なんか、なんでもスタント無しでやりますからね。車の運転もできるし、走ったり跳んだり、それとあと濡れ場とか。


全然、本当に挿入しちゃうし、全然、本当に中に出すし。



ジャッキー映画でNG集見てる時よく思ったじゃないですか

「え?これも本当にやってるの?」って。




だから僕も濡れ場は本気で本当にリアルガチでやりたいんだよね。


相手の女優さん募集中です。まずはカメラに慣れる為にハメ撮りしましょう。(抵抗したらハメ撮り動画ネットに流出させます。)


池田エライザがいいです。




あれ?何の話だっけ。


アクションスターの話だ。


言うてみんなアクション見ないやん

だからじゃん

今全部CGやん

だからじゃん

アクション俳優でいる必要ないもん

アニメでやったらええやん

だからじゃん、だからじゃん。



小中学生の必須科目でダンスなんかやらせてる場合じゃねえだろ!!

アクションスター養成に力を入れろ!!

ダンスやるにしてもカポエラとかにしろ格闘技取り入れつつリズムに乗れバカタレ!


少林寺入門しろ全員!!弁髪にしろ全員!!


あ、やっぱあれだ

兵役義務化って必要じゃない?


第2のランボー、第2のコマンドー必要なんじゃないフロムジャパンで。


アクション映画のコトを考えていただけなのに結局、憲法9条改正の話になっちゃうのかよ、日本って。

君がついた嘘なら信じるよ


嘘ってついたことありますか?

僕はよく、「息をするように嘘をつくね。」と、褒められます。


で、嘘つきの常套句といえば

「傷つけない嘘ならついてもいい」

「時に嘘は人を幸せにする」ですよね。






高校時代にね、クラスは違ったんだけど仲の良い子がいて、

その子の彼女が学年の中でも結構可愛い子だったんですよ。


で、僕はヘラヘラしながらこう聞くんです。

昨日彼女と何回ヤッた?

まあ高校生ですからね、そういうもんですからね男子って。


そうしたら彼、

7回ヤッた

って言うんです。


え?え?7回?どういう計算?無理じゃない?1回2回3回4回5回6回射精の後の7回目ってことだよね?すげぇな2人とも!


そりゃ大興奮ですよね、学年のマドンナの性事情聞けるって。


しかも彼ね、更にこう言ったんです。


連続7回だよ


あ?まじで?れ、、連続?抜かずに?休憩無し?やべーな猿じゃん!



まあ、その時の会話はこんな感じで終わったんだよね。





ふと、そのことを思い出してさ

改めてだけど、言わせてもらいたい。


絶対ッ嘘ぉぉお!!!」



無理じゃん、いくら高校生とはいえ、抜かずの7発連続射精って。

どんだけ早漏で、どんだけ絶倫でも、不可能感あるよね7発はさすがに。



だってあの次元大介の愛用リボルバーS&W M19コンバット・マグナムですら6発だよ?



次元ですら6連射よ?


嘘つき!ドロボー!この嘘つき男!なんで嘘つくんだよ嘘つき!






って思ったけど、僕はその話を聞いた夜は、学年のマドンナの淫らな姿を想像して、豪華なオカズにしてるんだよね。


だからきっと彼は僕の為に、良かれと思って嘘をついたのだと思う。


人を幸せにする嘘ってこういうことだよね。


ライ(嘘)フイズビューティフル!!


ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

公園のベンチに鼻くそを付ける時のルール

ドラマとか漫画とかで科学捜査班的なイカした人達出てくるじゃないですか。

わかりやすく言うと「相棒」の鑑識の六角精児みたいなアレ。




スニーカーの跡から容疑者を特定とか、タイヤの跡から容疑者の車を特定とか。

指紋とか、DNAとか。被害者の膣に犯人の精液が残ってるとか。





ああいうの見てて、少し不安になってね。



もし、公園のベンチが殺人事件の凶器に使われたとしたら、僕が容疑者筆頭になってしまうんじゃないかと思って。


まあね、これはあまりみんなには知られたくなかったんだけど、


たまに処理に困るような、思ったより大きめの鼻くそ出てくる時あるでしょ?


「なんか鼻かゆいな」
「入り口だけホジホジしよ」

ぐらいの気持ちで小指突っ込んで、口開けてヨダレ垂らしそうになりながらホジホジしてるだけなのに

小指の第二関節くらいまであるような鼻くそ取れちゃう時あるよね。あるよね?



そういう時に限って、ティッシュが無いんだよね。


クルクル練り丸めて、ポイしようにも、なかなかのサイズ感だし、鼻くそ丸めてるの誰かに見られたら、嫌だし。




だから僕は

鼻くそはなすり付けることにしたの。




例えば、公園。

ベンチに座って、ポケモンGOをしている時とかに大きな鼻くそが取れちゃったときは


「スッ」ってベンチの座面の裏に鼻くそをなすり付けています。

スパイが盗聴器仕掛けるような感じで、何食わぬ顔で。




よく学校にもいたじゃないですか。

机とか椅子の裏に鼻くそ付いてる奴。


いたよね?




でね、話戻るけど

もし公園のベンチを持ち上げるような怪力男が殺人事件を起こしたとして、

凶器が鑑識にかけられることは、まあ、間違いないと思う。そうするしか、手掛かりがない場合ね。


で、鑑識官が指紋の採取をするとき、ベンチの裏に鼻くそが付いてたら、調べると思うんだよね、一応。


そうした時に、僕は鼻くそをなすり付けるという罪しか犯していないのに、殺人の罪までなすり付けられる可能性もあり得ると思ったわけなんだよね。



だから、怖いなって。



気をつけましょうみなさんも。


で、僕的にルールがあってね。


1. 風通しの良い所になすり付ける


これはまあ基本中の基本。

風で鼻くそが渇いて、粘着力が無くなれば、地面に落ちた鼻くそは土に還ることが出来るからね。ベンチにも優しいし。


2.なるべく側面に付ける

これも基本テク。座席の裏に付けてしまうと雨を凌いでしまう為、わざと側面になすり付けて雨で洗い落とすのが狙い。


3.背もたれの裏もあり

これは上等テクニックのひとつ。座面裏になすり付けるのはあくまで「隠す」行為であったが、背もたれ裏は「攻め」の行為でもある。


どういうことかというと、

カップルがイチャイチャしそうなベンチの背もたれ裏、もしくは背もたれ上部に鼻くそをなすり付けた場合、



彼氏が「付き合ったばかりだから、とりあえず健全に公園デートに来たけど今すぐにでもSEXしたい。よし、距離を縮めるぞ!」


って意気込んでいるよね。

で、ベンチに座ったとき、身体と心のディスタンスを詰めようと彼女の肩に手を回そうとするよね。


その瞬間、僕の鼻くそトラップが発動するわけですよ!

見ず知らずの鼻くそが手に付着するわけですよ!

ウェーイ!!!鼻くそが原因で別れてしまえー!!






それを陰で見ている僕は笑いが止まらなくなるよね。

まあ、これが鼻くそなすり付けテクニック上級かな。


でもみんなには鼻くそなすり付けルールよりも社会のルールを守ってもらいたいかな。

公共物に鼻くそ付けないとかね。












こういう記事書いたあとって、

「よし、明日も早いし寝るか」

ぐらいの感覚で

「さーて、死ぬかな」

って思うんだけど、どうにかならないかな。



あ、読んでいただけたら、はなくそスターなすり付けてください。

チアガールに応援されたい

僕の部屋から窓の外を見ると、近所の宿泊施設の敷地内にある、コンクリートで固められただだっ広い駐車場が見える。


宿泊施設というのは、いわゆる温泉旅館なのだけど、たまに大学のサークルの親睦会だったり、運動部の合宿だったりに使われることがあるようで、以前、その駐車場で朝練をしている学生の団体が、準備体操をしたり、ダッシュをしているところを見かけたことがある。


つい先日も、朝、出社準備をしている際に、ふと窓の外を覗くと、大きな観光バスが停まった駐車場の端で、学生の団体が集まっているのが確認できた。


寝ぼけ眼を凝らしてよく見てみると、どうやら女子大生の集まりであることがわかった。


20人くらいがその場にいただろうか。

それぞれ赤や黄色や紫のカラフルなTシャツを着用して、お揃いのジャージの半ズボンを履いていた。

彼女たちはおもむろに陣形を組み始め、「やぐら」の様な形になった。

数人で組まれたやぐらの上で、ひとりの女学生が立ちあがり、片足を大きく開きY字バランスをしたり、ポーズを取ったりしていた。


僕はそこでようやく、チアリーディング部の朝練だということを認識した。



シンクロナイズドスイミング部の可能性もあるなぁ。と、一瞬頭をよぎったが、そんなことは実はどうだっていい。


眼前約200メートル程先に女子大生集団が、ブラジャーを薄い布でしかないTシャツで隠し、太ももを露わにした無防備な格好で、汗を流している光景は揺るがない真実なのだから。


僕は初めて見るその光景に、今まで感じたことのない感情が芽生える。


今までは高校野球のテレビ中継で応援席にいるチアガールしか見たことがなかった。


距離があるとはいえ、コスチュームも練習用のラフな格好だったとはいえ、そこに生のチアガールの存在を感じてしまった僕は「応援されたい!!」という感情が芽生えたのである。


僕はすぐに、さっき着替えたばかりのズボンと、パンツを脱いだ。


そしてスマホでアダルトサイトを開き、検索窓に「チアガール」と打ち込んだ。

何件かの動画がヒットして、サムネで女子大生っぽいものを選ぶ。


つまり、

眼前約200メートル先で練習をしているチアガールと、動画の中の淫らなチアガールをリンクさせて、あたかも眼前約200メートル先で練習をしていた女子大生のひとりが僕のもとにやってきて淫らな行為を繰り広げているように脳を騙してオナニーしようと企んでいるわけだ。朝6時から僕は。


ただ、問題があった。

リアルなチアリーディングというのは、応援というよりは、近年、競技的な意味合いのほうが強くなっていて、立派なスポーツといえるのだ。


眼前約200メートル先の女子大生らしき集団は恐らくガチのチアガール。誰かを応援しようなんて、多分ちっとも思っていない系だ。むしろ頑張っている私を見て!って逆に応援を強要してくる系だ。


そうなると、アダルト動画の中に登場する、いわゆる僕らが想像するような可愛らしいチアガールと、現実のガチチアガールに差が生まれてしまい、脳を騙してオナニーすることは不可能に近いのだ。


だから僕は、動画の中の「理想のチアガール像」で素直にオナニーをすることにした。


最早、眼前約200メートル先で練習している本物のチアガール達はまったく関係がなくなり、今まであまり興味の無かったチアガールというコスプレに興味を持つきっかけに過ぎなかったというオチである。


ここからは僕のオナニーの様子を書いていこうと思う。


「頑張っている〇〇さんに、ご褒美あげちゃいますね♡」

ご褒美という、大人になってから滅多に聞かなくなった言葉に、僕の下半身のチアボーイはギンギンになった。


ノースリーブ、ミニスカ、両手にボンボンを持った典型的なコスチュームのチアガールが僕の眼前約10センチ先の小さなスマホ画面で笑顔を見せている。

僕はもうその笑顔だけで、じゅうぶん頑張れそうな気がしていた。


「お願い!僕の金玉ボンボンをさ、左右交互にイッチニー!イッチニー!エイ、エイ、オー!ってして?」


「上手だね!そんなに僕が好きかい?僕だけのチンコリーダーだね。エル♡オー♡ブイ♡イー♡チ・ン・ポ♡って応援して。そうしたらチツリーディングしてあげる。」


「ああぁあぁ、本当にありがとう!頑張れるッ!僕頑張るからぁああーッッ!イク!!」


「はあはあ、君のチア応援のおかげで僕のタネがいっぱい出たよ、これが本当のチアシードだね♡ほら、食べてごらん?スーパーフードだよ?」



勝手に盛り上がって、ほぼお手本通りのオナニーを終え、朝練をしていたチアガール達の方へ目を向けると、


そこにはもう誰も居なかった。





あのチアガール達は、

本当に存在していたのか?

練習を終えて、部屋に戻っただけなのか?

それとも仕事に行きたくない僕を励ます為に神様が見せてくれた幻なのか?


なんにせよ、その日の僕は、普段よりも頑張れた気がするよ。ありがとう。

ステーキの話

ヨーヨーおはYO!

朝から聴かせるぜモーニングラップ!

これも俺なりのウォーミングアップ!

あいにくの天気だが俺には関係ねぇ!

そんなの関係ねぇよ、そんなの関係ねぇ!

はい、オッパッピー!そう、俺はノー天気!

いつでも心に太陽を!

Let’sデモ心にNo more war !




いきなりだけど、あいにくの「にく」と言えばなんだけど、この前初めて、「いきなりステーキ」に行ってきました。




行く前はどうせ、おざなりステーキなんでしょ?

所詮社長の、いいなりステーキなんでしょ?

ってナメてたんですけど、思ったより良かったです。


僕みたいなスーパーセレブからしたら、まあ、それなりステーキって感じでしたけどね、お肉は。


で、昨日職場で、元メンズノンノモデルみたいな先輩に言われたんですよ。


「お前太った?」って。

だから平静を装って

「部屋が狭いからじゃないですか?」

って返したんですけど

「顔丸くなったし、腹も結構キテるね。」

って言われました。


メンズノンノモデル風パイセンノーノーデリカシーノーライフか!


「あれです多分、台風の影響で気圧がおかしくて、膨らんでるだけです。最近いっぱい空気吸いましたし。」

って言ったら、どっか行っちゃいました。やったぜ勝ったぜ。



まあね、確かに太ったんですよ。多少。

いきなりステーキのせいなんですよ、ワイルドステーキ450gとライス大盛りのせいなんですよ。


初めてのいきなりステーキで、ちょっと僕、イキりステーキしちゃったんですよ。

お肉450gライス大盛りっていう見栄を張っちゃったわけです。


キツかったけどやっぱ残すのは、僕のポリシーに反するじゃない?

だから食べちゃったの。ペロリと。



でもさ、そんなわかりきったことをさ、体型のことをさ、

いくら自分が元メンズノンノモデルみたいなスタイルしているからってさ

言うかね?わざわざ。


もういいよプンプン。

嫌なことあったから食べます。

お肉食べたいです。

怒ったままいきなりステーキ行ったら、いきりたちステーキだね。


hahaha-!

ここまでが俺のモーニングラップ!

今日も見つけようぜ君なりのステキ!

YO-!!

ジャブ感

最近の僕の記事の

なんかこう距離取って牽制してる感じ、とりあえず手数出してこうみたいなジャブ感すごいよね。


軽めの記事ばかりでごめんなさい。

べ、別に楽してるわけじゃ、なななななな、無いんだからね!!( ◠‿◠ )


やっぱり左ジャブだけじゃ、鍛え上げられてまるで岩の塊(頭が固くなった悲しい大人)となったみなさんは倒せないと思っているけど


僕の渾身の、イナズマの様な右フックを当てるためには必要だと思うんだよね、ジャブ感。






でも理想はね、ジャブで倒せるくらいになりたい。



腕のしなりを効かせてスナップで、ムチのようなジャブを打ちたい。

そう、「はじめの一歩」の間柴了みたいな。




ジャブが必殺技になるくらいになれば、僕のブログのバリエーションが広がると思うんだよね。


うんこ、アナルの右ストレートの一本槍で今までやってきて


必殺技は前述のイナズマの様な右鼻フック。


そこにフリッカージャブが加われば、タイトル獲れると思うんだよね、はてなブログ程度の階級なら。











今日の記事、ブログの記事をボクシングに例えるっていう革新的(笑)なフリッカージャブ投稿なんだけど、

これではてなブログを制するとか言ってる僕って亀田家ばりのビッグマウスよね。